Now Reading
資産形成におすすめの副業3選!

資産形成におすすめの副業3選!

株式投資をする人

誰でも気軽に始めることができる副業として「投資関連ビジネス」があります。投資関連ビジネスは、「資産には余裕がある」「今まで貯めてきた資産を活かして副収入を得てみたい」という方にはピッタリの副業となっています。

また、副業が禁止されている公務員の方であっても株式投資や不動産投資、投資信託などは可能となっているため、そのような職業の方にもおすすめの副業として注目されています。

そこで今回は、資産を活かしたおすすめの副業を3つご紹介していきます。

1.株式投資

投資関連ビジネスの中では、最も有名かつ誰でも手軽に始めることができる「株式投資」。株式投資は、元本割れしてしまうリスクが伴いますが、大きく利益を出すことも可能な「ハイリスク・ハイリターン投資」として知られています。

株式投資の収入源

株式投資の収入源は主に以下の3つがあります。

  • 株式売却による利益
  • 株主優待
  • 配当金の分配による利益

「株式売却による利益」とは、例えば1株1万円で購入していた株式が企業の業績向上により、1株10万円に上がった時に売却することで、9万円の利益を得ることができる収入方法です。

「株主優待」とは、企業の株式を一定数以上保有しておくことで、優待券などのお得な特典を貰うことができる副収入です。

「配当金の分配による利益」とは、会社の利益状況によって分配される配当金であり、企業の業績に応じた配当金を得ることができますが、時には配当金無しの場合もあります。

株式投資の注意点

働かずして収入を得ることができる副業として注目を浴びている株式投資ですが、投資金額よりも利益確定額の方が安くなるケースもあり、稀に投資企業が倒産してしまい、投資金がゼロになってしまうというケースもあります。

株式投資で副業を考えている方は、ハイリスクを伴う副業であることを念頭に置いておくことが大切です。

 

2.不動産投資

不動産投資とは、アパートやマンションなどのオーナーとなり、毎月の家賃収入を得る投資ビジネスです。また、土地の売買によって収益を得る方法も不動産投資と言われています。

不動産投資の収入源

不動産投資の主な収入源は「家賃収入」となります。10世帯のアパートを経営する場合は、満室になることで「毎月の家賃額×10倍」の収入を毎月得ることができます。

しかし、副業として不動産投資を行っている方の多くはアパートの管理を管理会社へ委託するケースが多いため、家賃収入から委託料が控除される形となります。

不動産投資のリスク

不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」と言われていますが、様々なリスクが存在しています。例えば、自然災害等により建物が崩壊する「災害リスク」、空室状態が続き家賃収入を得ることのできない「空室リスク」、家賃価格を下げなければ借りる人が見つからない「流動性リスク」などがあります。

「初期投資だけ頑張れば大きな副収入を得られる」と安易な考えでは失敗してしまうリスクの高い投資なだけに、場所や規模、価格設定などを慎重に判断する必要があります。

See Also
在宅ワークする男性

 

3.投資信託

年間120万円を上限に5年にわたって非課税で投資利益を得ることができる「NISA」や、年間40万円を上限に20年にわたって非課税で投資利益を得ることができる「つみたてNISA」の登場により、大ブームを巻き起こしている「投資信託」。

投資信託とは、投資のプロに運営を任せることで運用益を得ることができる投資ビジネスであり、初めて投資をする方などにおすすめです。

投資信託の種類

「投資信託=株式投資」と間違った認識をしている方もいるかと思いますが、投資信託では株式はもちろんのこと、債券や不動産などにも投資することができます。また、投資対象地域は国内だけでなく、海外にも投資することができます。

投資信託の特徴

投資信託は、株式投資のプロ、債券投資のプロ、不動産投資のプロに一任するため、比較的利益を得やすく、大きな損失が無いという特徴があります。また、銀行に預けているのと同じような感覚で運営していけるため、副業の手間が全くかかりません。

さらに、NISA口座やつみたてNISA口座を開設することで、非課税期間内は運用益に対しても税金を支払うことなく、投資額と利益額の全額を手にすることができます。

「資産を活かした副業を始めてみたい」とお考えの方は、まず投資信託からスタートすることをおすすめします。

What's Your Reaction?
Excited
0
Happy
0
In Love
0
Not Sure
0
Silly
0
© Fukugyo Navi. ALL RIGHTS RESERVED
Scroll To Top
翻訳する »