Now Reading
副業の収入に確定申告は必要?申告した方がよい場合と理由

副業の収入に確定申告は必要?申告した方がよい場合と理由

新しく収入が増えると気になるのが税金をどうすればいいかという話ではないでしょうか。

副業で既に収入がある方でもこれから副業で収入を得る方でも、この記事を読んでおけば副業は怖い物ではないと安心できるようになります。

税金の話さえ理解しておけば自信をもって副業に挑めることでしょう。

他のサイトでは20万以上の所得がなければ確定申告は必要ないと考えられていますが、実際に確定申告しなかった場合のリスクも考えると確定申告は必ず行った方がよいと考えます。

ただし、副業で収入が増えたからといって必ずしも税金を納めなければならないというわけではありません。

税金がかかる所得の考え方と確定申告の基本を学び、人生を豊かにする副業について考えてみましょう。

バイトで副業をしている場合は確定申告が必要

まず、2社で働いている方は必ず確定申告が必要です。

確定申告が必要ない場合は会社にて「年末調整」を行っている場合なのですが、「年末調整」は1社のみでしか行えなません。

2社かけもちをしている人は「源泉徴収票」をもとに必ず確定申告をしましょう。

税金が還付される可能性があります。

その他の副業の収入がある場合も確定申告はした方がよい

ネットで検索してるとよく聞く話で「20万円以内であれば確定申告は必要ない」とありますが、信じることでリスクを抱える危険性があります。

確かに所得税に関しては20万円までは申告の義務はないのですが、代わりに住民税の確定申告が必要になってしまいます。

住民税には所得税のように20万円以下の申告免除のような制度はないので副業で収入を得ている場合には申告の義務が課せられます。

住民税の確定申告は、通常であれば所得税の確定申告情報から自治体へ通知されるので必要ない作業であるため、住民税の確定申告を行うよりかは所得税で確定申告をしておく方が間違いはないでしょう。

もし、住民税での申告漏れがあれば脱税や滞納によるペナルティが課せられるリスクがあります。

副業で必ずしも税金が上がるわけでない

税金が上がるのは「所得」が上がった場合であり、「収入」が上がった場合でありません。

所得税に計上されるのは全ての「収入」でなく、経費を指し引いた金額となります。

例えば、アフィリエイトで収入を得ているという場合を考えてみます。

  • アフィリエイト収入 30万円【収入】
  • 購入したノートPC 20万円【経費】
  • 購入した書籍の総額  1万円【経費】 

上記の場合、アフィリフェイト収入30万円が雑所得となり、新規購入したノートPC20万円と購入した書籍の総額1万円が経費になります。

所得は雑所得から経費を引いた金額であるため

【雑所得】  【経費】  【所得】

30万円 ー 21万円 = 9万円

実際に税金がかかる金額は差額の9万円が所得として計上されます。

アフィリエイトの場合は、毎月の家賃を按分(何割かを割り振る)として経費にすることもできるため、計上できる経費が増えることで実際の所得としてはかなり落とせるかもしれません。

アフィリエイト収入があったとしても必要な経費によって所得がゼロになる可能性も低くはないんですよ。

 

副業が会社にバレない確定申告のやり方は

サラリーマンの方であれば会社の規定で副業が禁止されている場合もあります。

See Also

絶対にバレない方法はありませんが、会社にバレずらくできる方法はあります。

住民税を自分で収める方法です。

会社では毎年6月にて住民税決定通知にて住民税が開示され給与から天引きされています。

もし、住民税の納税額が給与より多い場合は、会社に副業をしていることが知られる可能性はあります。

これを防ぐためには、毎年の確定申告の申告書の記載で納税方法を「自分で納付(普通徴収)」とする方法があります。

副業分の住民税の差額は自宅に納付書が送付されることになり、会社へ住民税決定通知としては副業分の収入は通知されなくなります。

ただし、ふるさと納税などの別の税金に関わる手続きが絡むことで住民税の金額が変更されて会社に知られてしまう可能性はゼロではありません。

会社に副業を隠しとおすことは相当の知識と綿密さが必要になります。

まとめ

副業収入を受ける以上は20万円以下であっても確定申告は必ず行った方がいいです。なるべくは会社の理解を得ておく必要もあるでしょう。

ただし、副業収入を得ているからといって税金が上がるといった心配は必ずではありません。

雑所得を計算したあとは、法律で許されている経費を調べあげれば所得はゼロになる可能性もあるかと思います。

確定申告は必ず行うものと覚悟する必要はあるかもしれませんが、副業で新しい収入源を手に入れる生き方が今後は増え続けるものと思います。

もっと関連記事を読みたい方は、「会社員の副業に税金は発生するの?副業の税金について解説します!」を参考にしてください。

What's Your Reaction?
Excited
0
Happy
0
In Love
0
Not Sure
0
Silly
0
© Fukugyo Navi. ALL RIGHTS RESERVED
Scroll To Top
翻訳する »